プロフィール

フォトアルバム
キラクヤ店主

キラクヤのスタッフが書いています

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 国立科学博物館最高 | メイン | 禅は急げって言うでしょ? »

2012年4月 3日 (火)

人間とは考える筆ペンである

花粉だけじゃなくて黄砂も来た

もう息できない
こんばんは、副店長アヅミです

今回はメニューのお話

うちの一番のお勧めである新鮮で旬のお魚!
このお魚は毎朝うちの社長が市場で仕入れています
そして、その日仕入れたお魚でメニューが決まるので、毎日私がメニューを書いています
(私が休みの日は店長か内藤が書きます)
歴代店長から受け継がれたからか、いかにも居酒屋といった感じがするからか、メニューは筆ペンで書きます
それが私の朝一番の仕事なのですが、これが難しい

最初はただ読みやすく書けるようにと書いていました
それから面白く、無駄があることを、私も楽しく書けることを
それだけなら最近やっと
一年間もくもくと、ただ店長の真似をしてました

ある日書道家の友人になにげなく話したら、
ご飯を食べながら一緒に美味しそうな字を書こう(!)と誘ってくれたので
遠慮なく自宅にお邪魔して、ご飯食べながら、話しながら、うっかり革命が起きました
私の字にレボリューション!A.H.レボリューション!今日は風も強かったし、受けるぜ~風受けちゃうぜ~?と、

初めて知りました、字は話しますね
彼女の作品の展示を何度か見に行った事があるけれど、その後の行動が変わりましたもん
人が動きます伝えにいかなくちゃって

お客様に私のメニューでそこまで出来るなんておこがましい事は思いません
ただ、「コレオイシイヨー」「コレガイイヨ、コレニシナヨー」「ニホンシュススムヨー」くらい
小さい声で、耳元で小人が何回かに一回
それも聞こえるか聞こえないかの声で囁くくらい出来るようにいつか、なりたい
もちろん、高めのファルセットで

小さいことで毎日は変わりますね、工夫とはこーゆー事ですか
出来るかもなんて思いもしないことが出来る
今の目標はいつか味が伝わるような、美味しそうなメニューにしたいと思っています

コレが
ビフォア

Img_8784
アフター

Img_2378

ちなみにこれが私の友人であり、先生
麻衣 mai

興味がある方はのぞいて見て下さいね

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

喜楽家食左衛門 のサービス一覧

喜楽家食左衛門